資料請求・無料トライアル
FAQ

よくあるご質問

よくあるご質問をまとめました。もし解決しない場合はサポート窓口までご連絡ください。

FAQ

SMS本文

API利用時でも配信停止(オプトアウト)URLは利用可能でしょうか。

配信停止(オプトアウト)オプションをお申し込みの場合は、利用可能です。本文に「https://ans.la/OPTOUT」という文字列を入れていただくことで、”OPTOUT”の部分を送信先ごとに自動変換してSMS送信致します。

SMSを1通しか送っていないのに、複数受信したとの申し出がありました。

長い文面は分割送信されるので、受信側の端末によっては元の長い文面に戻らない(分割された状態で届く)ことがあります。

外国語のメッセージの送信は可能でしょうか。

送信自体はできますが、docomo以外の端末は送信ルートが外国語の文字コードに対応していないため、文字化けをします。なお、docomo端末においてもすべての文字に対応しているわけではありません。

特殊文字を文面に使っても良いのでしょうか。

キャリアおよび端末に依存して表示できる場合と文字化けする場合があります。使用制限はありませんが、推奨しておりません。

SMS本文に使用できない文字等はありますでしょうか。

iso-2022-jp(JISコード)でサポートされていない文字は使用することができません。

エラー

ログイン許可IPアドレス(更新許可IPアドレス)を設定したら、ログイン(更新)が出来なくなりました。なぜですか?

設定したIPアドレスが誤っている可能性があります。IPアドレスはシステムご利用環境のグローバルIPアドレスを設定してください。なお、誤って設定してしまい、ログインができなくなってしまった場合は、サポート窓口までご連絡下さい。

サポート窓口:https://ans.la/I85KXA

メッセージ送信ログの、配信結果失敗時のエラーメッセージがブランクの場合はどのようなのものが該当するのでしょうか?

端末側が原因で配信が失敗しておりましたが、キャリアから不明なエラーが返却され、弊社で定義したエラーには含まれないため、ブランクで表示しております。

メッセージ送信ログの、配信結果失敗時のエラーメッセージの「その他エラー」とはどのようなものが該当するのでしょうか?

端末側でのSMS受信拒否や料金未納による配信失敗、端末側の原因による配信失敗が該当します。

端末の状況によって、送信できないことや送信結果が返ってこないことはありますでしょうか。

一例ですが、以下のような場合に発生します。
・SMS受信に対応していない端末である
・端末側でSMS受信を拒否する設定がされている
・電話料金未納により利用停止となっている。

キャリア関連

Y!mobile宛てにSMS送信したが、キャリアがSoftbankと表示されているのはなぜですか?

Y!mobile社が販売している端末には、キャリアとしてY!mobile回線のものとSoftbank回線を利用したものの2種類があります。後者の場合は、Softbankと表示されます。

Y!mobile宛てにSMSが届かなくなったのはなぜですか?

2018/1/31を以って停波となった一部端末へは、SMSの送信はできません。停波対象端末については、Y!mobileの公式サイトをご参照下さい。また、この場合の配信ステータスは、下記の通りとなります。
・配信結果:失敗
・エラーメッセージ:現在使われていない番号

ログイン

パスワードを複数回間違えてアカウントロックがかかってしまいました。

管理者権限を持っているアカウントでロックの解除ができます。詳細につきましては、利用マニュアルの「2-2 アカウントロック解除手順」をご参照下さい。(※予め管理者権限を持っているアカウントを2つ以上作成されることをお勧め致します。)

管理者権限を持つアカウントが1つしか無い場合は、サポート時間内(平日10:00-18:00)であれば弊社サポート窓口にて解除させていただくことが可能です。対象のメールアドレスを記載の上、こちらからお問い合わせください。

サポート窓口:https://ans.la/I85KXA

再送

システム側再送で再送しない時間帯を設定していた場合、再送しない時間帯に達した場合、ステータスは最終ステータスに遷移するのでしょうか。また最終ステータスに遷移するタイミングを教えていただけないでしょうか。

再送しない時間帯に達した場合に最終ステータスに遷移します。例としまして、再送回数が3回、再送間隔が10分、再送しない時間帯が21:00から翌9:00に設定されていた場合に、2回目の再送が20:55に行われ失敗すると21:05に3回目の再送が行われますが、3回目の再送が再送しない時間帯に抵触するため、3(配信失敗)に遷移します。

システム側再送を行う場合、ステータスはどのように遷移するのでしょうか。

システム再送を設定された場合で、1回目の配信が失敗して2回目の送信で成功するまで、ステータスは1(配信中)⇒0(状態不明)⇒1(配信中)⇒2(送達)となります。1回目の配信が失敗してから2回目の送信が開始されるまで 0(状態不明) となります。

auのキャリア再送の場合は、キャリアへの送信時点で配信ステータスが「送達」となる認識ですが、DLRも「送達」となっているのでしょうか。

はい、その通りです。

キャリアの再送頻度について教えてください。

キャリア毎の仕様であり、弊社ではわかりかねます。

システム再送を行う条件はなんでしょうか。

キャリアより配信失敗を示すDLRを受信し、かつ、キャリア違いを示すDLRでない場合に行われます。

料金

短縮URL機能はオプション機能として、SMS配信料とは別料金となりますでしょうか。

配信料に含まれております。

キャリア判定はオプション機能として提供され、SMS配信料とは別料金でしょうか。

配信料に含まれております。

課金対象となる配信ステータスは何でしょうか?

課金対象は月初営業日の集計時点で送達となります。ただし「1-way Alphaプラン」をご利用の場合は配信ステータスに関わらず課金対象となります。

配信

“050”から始まる番号へSMSを送れますか。

送れません。050から始まる番号はIP電話のためSMSの機能がありません。

090-0XXX-XXXXのように、識別番号の直後が「0」の番号にSMSの配信ができないのはなぜですか?

識別番号の直後が「0」の電話番号はキャリアに割り当てられていない(存在しない番号)ため、携帯電話番号ではないと判断しエラーを返します。

(参考) 総務省「電気通信番号指定状況」
http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/top/tel_number/number_shitei.html

以下の番号に送信しようとした際に場合にエラーとなります。
・090-0XXX-XXXX
・080-0XXX-XXXX
・070-0XXX-XXXX

配信ステータス

送信相手は誰から送信されたかわかりますか?

受信端末側では、送信元のセンダーID(送信元番号)が表示されますが、誰であるかを確認することはできません。

送信相手が読んでくれたことは、確認できますか?

届いたことまでは確認できますが、既読であるかは確認できません。

配信ステータスが送信中の場合にステータスが動かない状況は考えられますか。その場合、これ以上経過したら結果が変わらないと判断して良いタイムアウト時間を教えて頂けますか。

キャリアからのDLRが返らない等の要因で送信中から動かない状況もありえますが、タイムアウト時間は、キャリア再送を設定している場合は72時間(ソフトバンクは1時間)、システム再送を設定している場合は設定値に応じた時間となります。

API利用において、ステータスが状態不明、送達、配信失敗となった場合はその結果で確定したと判断して問題ないでしょうか。

その結果で確定したと判断して問題ありません。0 Unknownの場合は配信開始していない場合も含まれますので、ステータスが変動する可能性があります。

その他のご質問・ご不明点はお問い合わせください。

CONTACT

詳しくは、下記までお問い合わせください。