お役立ち記事

ショートメッセージサービス(SMS)とMMSの違いとは?

  • 確実に届けたい
TOPICS

キャリアメールアドレスが必要なMMS

SMSの法人向け利用にあたって、「SMSとMMSの違い」がよくわからないとのお声をいただきます。SMSもMMSもメールとは違い、チャット形式でのやり取りが可能なことが、さらに理解を難しくしているのではないかと思います。

まずMMSですが、マルチメディアメッセージングサービスの略で、各携帯電話キャリアの独自メールアドレスを利用することで、長文や写真付きメッセージを送ることが可能です。

一方、SMSはショートメッセージサービスのことで、企業が保有するユーザーやお客様の電話番号宛さえあれば、端的なメッセージの送信が可能なサービスです。

MMSは個人での利用がほとんどであるのに対して、SMSは企業からユーザーへの案内手段として広く利用されており、弊社では『絶対リーチ!®︎SMS』の名称で、企業や法人のお客様に向けて、SMS配信プラットフォームをご提供しています。

MMSとSMSの違いについては、以下の表にまとめてみましたので、ご参考になれば幸いです。

SMSMMS
名称ショート メッセージ サービスの略マルチメディア メッセージング サービスの略
送受信トリガー企業が保有する携帯電話番号キャリア個別メールアドレス
(例)
0123@docomo.ne.jp
0123@ezweb.ne.jp
0123@softbank.ne.jp
     
文字数1通あたり全角70文字/半角140文字が基本(※) 携帯電話各キャリアによって送信可能文字数は異なります文字数制限なしで、画像の送信も可能。
課金体系従量課金制(1通あたり費用が発生)不明:MMSの企業利用サービス未確認/個人利用ではパケット通信料。パケット通信の料金は、接続時間ではなく送受信したデータ量に応じて変動します

他にも利用することで、多くのメリットがある企業でのSMS配信サービス。
ご興味がある方は、お気軽に下記よりお問い合わせください。

CONTACT

詳しくは、下記までお問い合わせください。